• ホーム
  • 精力のつく料理で子作り対策を

精力のつく料理で子作り対策を

両手で薬を持っている女性

赤ちゃんを待望する夫婦は、常に体調管理に努めましょう。
栄養素の補給が偏っていると、男性の勃起力が低下します。
またミネラルが不足すると、気分がうつ状態になる等、モチベーションの低下も発生します。
夜の生活に向けて、夕食に精力料理を食べるのも、子作り対策には良い方法です。

すっぽん料理や焼き肉などが精力料理として有名ですが、一般家庭の夕食には少し難しいかもしれません。
庶民の食卓に並べやすいのは、ポークやレバー、ニンニク、ニラ、ウナギ、トロロ、オクラなどを使ったメニューです。
それらの食材なら身近なスーパーマーケットでも簡単に購入出来ますし、牛肉とニンニクなら相性抜群ですし、
うな重やレバニラ炒め、オクラと納豆、白米等なら和食ですので、低カロリーになります。
精力料理を毎日出来る限り食べれば、男性の精液が不足しません。
豚肉や白身魚には体力回復をサポートする栄養素が大量に含まれており、激務に耐えた平日の男性でもセックスが複数回、可能になるでしょう。

ただ、体力づくりだけなら精力料理の摂取でカバー出来ますが、既にED状態が数ヶ月続いてしまっている男性の場合、食事面の改革だけでは、少し力不足感があります。
必要に応じて、バイアグラを医院に処方してもらうのも効果的な子作り対策です。

バイアグラは生活改善薬として身近な医院での処方が認められています。
自費診療になるのが玉にキズですが、排卵日に確実に男性の勃起が進められるため、子作りには欠かせないサポートアイテムです。
自費診療ですので、医院に行く際は健康保険証が不要になります。
バイアグラは処方は比較的短時間で済むのも嬉しいところです。
また過去に自費診療にてバイアグラを処方された事がある男性は再診扱いになりますので、
医院でのカウンセリングが10分以下で終わる等、よりスピーディーにバイアグラを再ゲット出来るでしょう。