• ホーム
  • 人にとって亜鉛は重要な栄養素

人にとって亜鉛は重要な栄養素

人間の体にとって亜鉛は非常に重要な栄養素です。
亜鉛の摂取量が著しく減るとEDの危険性が上がります。
まだ年齢的にはEDになる年でもないのに近頃ペニスの調子が悪い、そう感じている方は栄養バランスが偏っている可能性が高いです。
亜鉛は男性ホルモンのバランスを正しく調節する役割があります。
摂取不足の日々が続きますと年齢や元々の精力の強さに関わらず、EDの症状が出ます。

ペニスが性的な刺激を受けても勃起しなくなることや、勃起力が一分と持たずに硬さの維持が難しい、セックスを行っている時に唐突に陰茎が萎えてしまうなど、これらはすべて亜鉛不足によるED症状です。
若い男性にもよく見られます。
更に男性を悩ませる薄毛についても関連があり、やはり摂取量が不足すると頭皮にコンプレックスを抱えやすくなるのです。
薄毛の原因は遺伝や年齢が大きく関わりますが、若い男性や女性でも栄養不足の日々が続くと薄毛の危険性が増します。

免疫力が低下する危険性もあり、インフルエンザや風邪などの病気にかかりやすい体質になってしまいます。
亜鉛はどこか男性専用の栄養素だと思われていますが、実際は性別に関係なく免疫力を維持、向上させる上で男女ともに要ります。
他にも摂取量が減ると味覚障害の危険性が上がりますので、主婦の方や飲食関係のお仕事をしている方にとっては非常に大事な成分です。
味覚障害はストレスや頭部打撲といった原因で起きやすいですが、亜鉛の慢性的な不足で起きることが分かったため、ソムリエやシェフの方は予防を心掛けましょう。

亜鉛欠乏性貧血というものもあり、こちらは多くの女性が悩まされているものです。
貧血になりやすい女性もまた栄養バランスが悪い食生活をしており、牡蠣やアーモンドといった食材を意識して摂取しなければいけません。
牡蠣はお鍋の具材としておすすめです。
牡蠣フライは広島の美味なグルメですが、最近はコンビニエンスストアのお弁当やファミリーレストランのランチメニューとしてもよく採用されており、普通の女性でも召し上がりやすいでしょう。
アーモンドはお菓子として販売されており、小腹がついた時につまむようにすれば意識的に栄養素を摂取出来ます。

運動している人は亜鉛が不足しがちになる?

運動をしている方は亜鉛不足に陥りやすいと言われています。
激しい運動をすると人は汗を流します。
亜鉛の栄養素は発汗作用を司る成分でもあり、有酸素運動を長時間行う事でみるみるうちに消費されていきます。
一週間に一度や二度、激しい競技をする程度なら大量に消費される事はありません。
しかし学校の部活動や社会人サークル、あるいはお仕事の関係で普段から激しい作業を毎日継続的に行っている方は、当然ですが汗を連日連夜流すため、亜鉛の栄養素が普通の人々にも激しく消費されます。
バスケットボールや水球、陸上競技やサッカーやテニスなどはスポーツの中でも酸素を大量に消費します。

春先から夏場にかけては外気温も高くなりますので、太陽の下で自然と体を動かすだけでも汗を流しますし、熱中症を対策するためにスポーツドリンクや水をしっかりと飲む人々も多いです。
大量に水分を補給し、有酸素運動を行えばトイレの頻度も増えます。
亜鉛は尿と一緒に体外へと一部排出されてしまいます。

炎天下でスポーツの試合やハードな練習を連日連夜行っていると尿からも亜鉛が抜け落ちやすく、食事を普通に食べているにも関わらず、大事な亜鉛成分だけは体内で不足する事になるのです。
激しいトレーニングで自分の体を痛めつける事は実力を引き出すために欠かせない事ですが、その結果として亜鉛欠乏性貧血や味覚障害のリスクが上がってしまうのは良くありません。
普段からハードな環境で体を鍛えている方や肉体労働に毎日従事なさっている方は、普通の人々よりも意識的に亜鉛の成分を摂取するように心がけましょう。
亜鉛は牡蠣やアーモンドに加えて、アワビやホタテ、タラバガニやチーズ、枝豆や豆腐などにも含まれています。